転職理由に多いネガティブな例をご紹介します。

転職のきっかけをポジティブに!

前向きな転職を!

転職のきっかけをポジティブに転換し、転職を成功させる方法を紹介するサイトです。

ネガティブな転職理由とは

ネガティブなきっかけで転職を決める人がいますが、具体的にはどのような理由でしょうか。まず「人間関係が辛い」という理由がきっかけで転職を考える人がいます。仕事の悩みのほとんどが人間関係に関連するものだと言われていますので当然かもしれません。さらに現在勤めている職場の「労働時間が長い」という理由、さらに「将来性への不安」というネガティブな転職理由もあります。ポジティブな転職理由にするためにも、具体的な内容について知っておきましょう。

人間関係が辛い

[詳細へ] 人間関係が辛い

労働時間が長い

[詳細へ] 労働時間が長い

将来性への不安

[詳細へ] 将来性への不安

ブラックな職場から抜け出したいあなたへ

  • 多様な働き方をサポート「保育ライフ」
    多様な働き方をサポート「保育ライフ」

    保育士として転職を考えている人は、保育士専門の転職エージェント「保育ライフ」に登録することをおすすめします。保育業界に精通している保育ライフならではの独自の求人案件を紹介してもらうことができるでしょう。また保育ライフで紹介してくれる求人情報は、保育ライフのスタッフがリサーチ済みの案件ばかりです。そのため人間関係の悩みなど、ネガティブなきっかけで転職を考えている人も安心して働ける職場と言えそうです。

  • 労働時間が長い
    労働時間が長い

    転職を考える人のネガティブな原因のひとつに「長時間労働」があります。1日10時間以上働き、休日出勤もあるような職場で働いている人は、仕事を辞めたくなるのも当然でしょう。さらに「みなし残業」などのように、残業代がきちんと支払われない悪質な職場で、長期間仕事を続けるのは難しいかもしれません。職種や職場を変えるなどして心身ともに病気になる前に労働環境を変えましょう。やりがいを感じなくなり、仕事が辛くなった時は、転職を考えるタイミングです。

前向きに転職!

転職活動を成功させるために、ネガティブなきっかけをポジティブに転換する方法を紹介します。 【お問い合わせはこちらまで】