ネガティブな転職理由「将来性」について

転職のきっかけをポジティブに!

前向きな転職を!

転職のきっかけをポジティブに転換し、転職を成功させる方法を紹介するサイトです。

将来性への不安

将来性への不安

現在の職場の「将来性がない」という理由で、転職を考える人がいます。将来への不安を理由に転職をすることは間違っていませんが、転職先の選び方や必要な心構えを知らないと思わぬ失敗をしてしまうかもしれません。

会社の寿命は「30年」?

良い大学に入り、学生時代に就活を頑張って、一流企業に入社すれば定年まで安心…という時代はとうに過ぎました。そもそもそのような時代は日本の歴史上とても短く、一部の企業においてのみ達成されていた幻のようなものです。実は企業の寿命は一般的に30年前後と言われています。
創業100年以上続くような老舗企業もありますが、現在20代や30代でその企業に勤めている人が将来安泰とは言えません。自分が入社してから何年会社の寿命が持つのかは、誰にも分からないからです。心構えとして持つべきなのは「入社した会社で定年まで過ごせると思わない」ということです。会社はいつか倒産するものだと考えておけば、その時が来ても動揺することはありません。今から会社が倒産寸前になった時に、どのように振る舞うべきか準備しておくと良いでしょう。

将来性のある会社に行っても安泰ではありません

自分の働いている企業に将来性がないと考えた時に転職を考える人がいます。その選択は間違っていませんが、どのような転職先を選ぶかが重要になります。将来性への不安で転職を考える人は、「将来性豊かな転職先を選ぼう」と考えるでしょう。しかし将来性豊かな企業に入社をしても、転職時から20年後、30年後に会社が寿命を迎えてしまう可能性が高いです。その時に40代後半や50代になっていたら、再度将来性豊かな転職先に転職することは難しいでしょう。何より職場選びの理由が、将来性や安定性だけというのは問題があります。自分がしたい仕事、やりがいのある仕事という視点が抜け落ちているからです。いずれ転職をする必要が出るなら、やりがいのある仕事や自分の長所を伸ばせる仕事や職場を選ぶべきでしょう。

会社ではなく自分を中心にして職場を選びましょう

どのような会社に入社しても、いずれ会社は倒産してしまったり縮小してしまうと考えれば、仕事への取り組み方が変わります。会社ではなく、自分のキャリアを中心にして職場を選び、常にキャリアップやスキルアップを目指す人生を選べるようになります。その場合の職場選びでは「良い経験を積める」「自分を高めることができる」「必要なスキルを身につけられる」ということが重要になるでしょう。主体的な転職先選びができるようになりますので、そのことが転職先の採用担当者に伝わり、採用されやすくなる可能性もあります。会社の将来が不安な時は、自分のスキルやキャリアを高めることに集中し、いつ会社がなくなっても羽ばたける実力を身につけましょう。

ブラックな職場から抜け出したいあなたへ

  • 多様な働き方をサポート「保育ライフ」
    多様な働き方をサポート「保育ライフ」

    保育士として転職を考えている人は、保育士専門の転職エージェント「保育ライフ」に登録することをおすすめします。保育業界に精通している保育ライフならではの独自の求人案件を紹介してもらうことができるでしょう。また保育ライフで紹介してくれる求人情報は、保育ライフのスタッフがリサーチ済みの案件ばかりです。そのため人間関係の悩みなど、ネガティブなきっかけで転職を考えている人も安心して働ける職場と言えそうです。

  • 労働時間が長い
    労働時間が長い

    転職を考える人のネガティブな原因のひとつに「長時間労働」があります。1日10時間以上働き、休日出勤もあるような職場で働いている人は、仕事を辞めたくなるのも当然でしょう。さらに「みなし残業」などのように、残業代がきちんと支払われない悪質な職場で、長期間仕事を続けるのは難しいかもしれません。職種や職場を変えるなどして心身ともに病気になる前に労働環境を変えましょう。やりがいを感じなくなり、仕事が辛くなった時は、転職を考えるタイミングです。

前向きに転職!

転職活動を成功させるために、ネガティブなきっかけをポジティブに転換する方法を紹介します。 【お問い合わせはこちらまで】