ネガティブな転職理由「人間関係」について

転職のきっかけをポジティブに!

前向きな転職を!

転職のきっかけをポジティブに転換し、転職を成功させる方法を紹介するサイトです。

人間関係が辛い

人間関係が辛い

人間関係の悩みが理由で仕事を辞めたいと思っている人はたくさんいます。特に仕事を始めたばかりの若い社員は、学生時代の人間関係の築き方とのギャップに苦しむことが多いようです。

人間関係が理由で辞職をしたい人が多いです

20歳から35歳を対象にしたとあるアンケートの結果で、仕事を辞めたい理由の1位が「給料が安いこと」で、2位が「人間関係の悩み」であることが分かりました。3位の「仕事内容」よりも多く、いかに人間関係の悩みを持つ人が多いかがよく分かります。
若い世代では仕事は仕事と割り切っているため、職場での人間関係に対してはドライな印象があるかもしれません。しかし若い社員を対象にした調査では、「仕事を通じて人脈を広げていきたい」と考えている人が9割以上いることが分かりました。予想に反して人間関係を重視し上手くやりたいと考えている人がほとんどなのに、人間関係の悩みで退職を考える人が多いという皮肉な結果になっています。

縦のつながり方に悩む人

会社はそもそも仕事する場所ですから、余計な人間関係に悩まされるのは無駄だと感じるかもしれません。しかし職場の人間関係を円滑にしておくと、ストレスなく仕事ができ、業務をスムーズに行えるというのは事実です。若い人の前向きに人間関係を発展させていくべきだという気持ちは間違っていません。上司と円滑な人間関係を築いておけば、困った時に相談ができますし、分からない仕事内容を質問することもできます。ただし学生時代は友達との関係を築くだけで良かったのに、社会人になると先輩や上司とのつながり方を覚える必要があります。横の関係に加えて縦の関係を築くことになります。他人と縦の関係を築くことに抵抗を感じる人もいるでしょう。会社に入っても全ての人と対等な関係を築きたいと思っている理想が高い人ほど苦労するかもしれません。

人間関係に悩んだらどうすればよいでしょうか

人間関係に悩み、仕事を辞めたいと思った時はすぐに転職を考えるのではなく、解決に向けて動いてみましょう。まず「身近な人に相談する」方法があります。「家族」「会社の上司や先輩」「同僚」「友達」などの中に信頼できる人をみつけて、現在の状況を相談してみましょう。問題の解決策が提案されなくても、誰かに話をすることで冷静になり第三者目線で人間関係について考えられるようになるかもしれません。また同僚や先輩に相談をした時に「自分も同じ経験をした」と教わり、自分の抱えている人間関係の悩みは特別な問題ではないんだと思えるようになるかもしれません。また自分の考え方を少し変えてみるのも良いでしょう。
職場の人間関係に絶望している人は、他人への期待が大きすぎるのかもしれません。完全な人間関係などないと認識しましょう。さらに完全な上司や完全な先輩や同僚はいないと思えば、許せる部分も出てくるかもしれません。批判や嫌がらせを受けている場合はその人に対して「かわいそうな人だ」と思い、「自分が仕事ができるから、嫉妬をしているんだ」と思えば気が楽になるかもしれません。

ブラックな職場から抜け出したいあなたへ

  • 多様な働き方をサポート「保育ライフ」
    多様な働き方をサポート「保育ライフ」

    保育士として転職を考えている人は、保育士専門の転職エージェント「保育ライフ」に登録することをおすすめします。保育業界に精通している保育ライフならではの独自の求人案件を紹介してもらうことができるでしょう。また保育ライフで紹介してくれる求人情報は、保育ライフのスタッフがリサーチ済みの案件ばかりです。そのため人間関係の悩みなど、ネガティブなきっかけで転職を考えている人も安心して働ける職場と言えそうです。

  • 労働時間が長い
    労働時間が長い

    転職を考える人のネガティブな原因のひとつに「長時間労働」があります。1日10時間以上働き、休日出勤もあるような職場で働いている人は、仕事を辞めたくなるのも当然でしょう。さらに「みなし残業」などのように、残業代がきちんと支払われない悪質な職場で、長期間仕事を続けるのは難しいかもしれません。職種や職場を変えるなどして心身ともに病気になる前に労働環境を変えましょう。やりがいを感じなくなり、仕事が辛くなった時は、転職を考えるタイミングです。

前向きに転職!

転職活動を成功させるために、ネガティブなきっかけをポジティブに転換する方法を紹介します。 【お問い合わせはこちらまで】