ネガティブな転職理由「労働時間」について

転職のきっかけをポジティブに!

前向きな転職を!

転職のきっかけをポジティブに転換し、転職を成功させる方法を紹介するサイトです。

労働時間が長い

労働時間が長い

仕事を辞めたくなる理由のひとつに「長時間労働」があります。労働基準法を超えての労働は、身体にも心にも負担が大きすぎます。長時間労働を避ける方法を知り、無理な場合は転職も視野に入れましょう。

サービス残業、みなし残業で仕事を辞めたくなります

様々なネガティブな理由で仕事を辞めたくなる人がいます。その中には「労働時間が長い」ことが理由の人もいます。
特にサービス残業や、みなし残業と呼ばれるような、残業をしているのに満足な残業代が支払われない会社に入社をすると大変です。1日10時間以上勤務するのが当たり前のような職場では、過労死やうつ病になってもおかしくありません。長時間労働のひどい環境で働いている人は転職を考えるのも当然でしょう。正社員だから、「他の会社に比べるとマシだから」などという理由で、かなりの長時間労働に耐えている人がいます。その分、給料が高ければ救いもありますが、サービス残業ではそれも叶いません。現在の職場以外への転職を考えるか、または現在の職場でも違う職種に鞍替えするなど、現状の打開を考えてみましょう。

職種により仕事時間が変わります

同じ職場でも職種によって、仕事をする時間がかなり違うことがあります。サービス残業などが多い職種として代表的なのが「営業職」です。営業職の人は、同じ職場の経理や事務職などに異動するだけで、大幅に仕事時間が短くなることがあります。また営業職を続ける時も、違う職場に転職すると仕事時間が変わることがあります。出張が多い職場や、取引先回りが多い職場の営業職は大変な面もありますが、取引などが上手くいけば、その後喫茶店などで休んだり、ホテルに戻って眠ることもできます。フレキシブルに仕事をして、労働時間を減らすことも可能です。また歩合制でバリバリ働く必要があるような職場の営業職をしていた人が、ルート営業中心の職場に転職することで定時に帰宅できるようになるかもしれません。職種により、また同じ職種でも職場により、労働時間が大きく変わることがあります。

辛い時は転職を考えましょう

アニメーターやプログラマー、デザイナーなどのクリエイティブ系の仕事は、長時間労働になりがちです。特に納期前には徹夜の連続になることも普通です。クリエイティブ系の仕事をする才能は、「安い給料で長時間働ける能力」とも言われるほどです。仕事のやりがいがあるため長時間労働、サービス残業という過酷な環境でも頑張れる人がいますが、仕事がきつく、仕事を辞めたいと思う人もたくさんいます。仕事がきついのに長時間労働に耐えて頑張ると、精神的、肉体的なダメージを負う可能性があります。

あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。

自分の心の声に素直になり転職も視野にいれましょう。自分が転職すべきかどうか迷っている人は「あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。」という本を読んで参考にしてみましょう。

ブラックな職場から抜け出したいあなたへ

  • 多様な働き方をサポート「保育ライフ」
    多様な働き方をサポート「保育ライフ」

    保育士として転職を考えている人は、保育士専門の転職エージェント「保育ライフ」に登録することをおすすめします。保育業界に精通している保育ライフならではの独自の求人案件を紹介してもらうことができるでしょう。また保育ライフで紹介してくれる求人情報は、保育ライフのスタッフがリサーチ済みの案件ばかりです。そのため人間関係の悩みなど、ネガティブなきっかけで転職を考えている人も安心して働ける職場と言えそうです。

  • 労働時間が長い
    労働時間が長い

    転職を考える人のネガティブな原因のひとつに「長時間労働」があります。1日10時間以上働き、休日出勤もあるような職場で働いている人は、仕事を辞めたくなるのも当然でしょう。さらに「みなし残業」などのように、残業代がきちんと支払われない悪質な職場で、長期間仕事を続けるのは難しいかもしれません。職種や職場を変えるなどして心身ともに病気になる前に労働環境を変えましょう。やりがいを感じなくなり、仕事が辛くなった時は、転職を考えるタイミングです。

前向きに転職!

転職活動を成功させるために、ネガティブなきっかけをポジティブに転換する方法を紹介します。 【お問い合わせはこちらまで】