転職理由をポジティブな印象の話し方になるよう工夫をしよう!

転職のきっかけをポジティブに!

前向きな転職を!

転職のきっかけをポジティブに転換し、転職を成功させる方法を紹介するサイトです。

伝え方の工夫が重要

伝え方の工夫が重要

会社の将来性に対する不安が理由で転職をする時の面接の受け答えについて紹介します。勤めていた会社へのネガティブな意見を転職先企業へのポジティブな意見に変換することが大切です。

転職理由で会社の適応能力を見ています

転職先の面接担当者が、転職理由を聞くのには理由があります。転職希望者が転職先の企業で活躍できるかどうか、その適応能力を探りたいという理由です。転職理由は、同時に転職先企業でも起こりうる課題になります。例えば人間関係の悩みが転職理由な人の場合は、転職先でも良好な人間関係を築くことが課題になるからです。そのような心構えで見てくる面接担当者の前で「会社の将来性の不安」を転職理由として話しても良いのでしょうか。やはり基本的には避けたほうが良いでしょう。ネガティブな転職理由な人は、転職後の企業に対してもネガティブな目線を向けるはずだと考えられてしまう可能性が高いからです。仕事が嫌になったら何か適当なネガティブな理由をみつけて、また退職してしまうのではないかと考えられてしまうかもしれません。

伝え方を工夫しましょう

会社の将来性が不安で転職をした人が、そのことを面接で話さなければならない状況になるケースがあります。他に説得力がある理由が思いつかない場合は、何かしらの理由を話す必要があるからです。このような時は伝え方を工夫しましょう。「会社の将来が不安だから転職をした」ということを「転職先の会社の将来性には不安がない」という風にポジティブに表現するようにします。例えば「現在勤めている会社には経営ビジョンがなく、将来性に不安があります。御社のように創業以来の経営理念を守りながら成長を続けている会社なら、長く安心して働けると思い、志望いたしました」というような返答をします。このような伝え方なら勤めている会社の悪口という印象よりも転職先企業をポジティブに捉えているという印象のほうが強くなります。

転職先をきちんと探しましょう

転職先を探す時に、しっかりと企業研究をしていれば、転職先の会社のポジティブな面をみつけることができます。勤務中の会社の将来性の不安の理由と対をなすような転職先の会社のポジティブな面を組み合わせて話すようにすると、良い転職理由を作ることができるでしょう。将来への不安から転職を考える人は、まずきちんと転職先について調べることが大切です。転職活動中の小さな努力の積み重ねが、面接で転職理由を聞かれた時にも活かされます。自分一人で転職先を探すのが難しい場合は、転職エージェントに登録するなどして、転職のプロのサポートを受けながら転職活動を進めていくのもおすすめです。

ブラックな職場から抜け出したいあなたへ

  • 多様な働き方をサポート「保育ライフ」
    多様な働き方をサポート「保育ライフ」

    保育士として転職を考えている人は、保育士専門の転職エージェント「保育ライフ」に登録することをおすすめします。保育業界に精通している保育ライフならではの独自の求人案件を紹介してもらうことができるでしょう。また保育ライフで紹介してくれる求人情報は、保育ライフのスタッフがリサーチ済みの案件ばかりです。そのため人間関係の悩みなど、ネガティブなきっかけで転職を考えている人も安心して働ける職場と言えそうです。

  • 労働時間が長い
    労働時間が長い

    転職を考える人のネガティブな原因のひとつに「長時間労働」があります。1日10時間以上働き、休日出勤もあるような職場で働いている人は、仕事を辞めたくなるのも当然でしょう。さらに「みなし残業」などのように、残業代がきちんと支払われない悪質な職場で、長期間仕事を続けるのは難しいかもしれません。職種や職場を変えるなどして心身ともに病気になる前に労働環境を変えましょう。やりがいを感じなくなり、仕事が辛くなった時は、転職を考えるタイミングです。

前向きに転職!

転職活動を成功させるために、ネガティブなきっかけをポジティブに転換する方法を紹介します。 【お問い合わせはこちらまで】