リサーチをしてポジティブな転職きっかけにしよう!

転職のきっかけをポジティブに!

前向きな転職を!

転職のきっかけをポジティブに転換し、転職を成功させる方法を紹介するサイトです。

しっかりとリサーチしよう

しっかりとリサーチしよう

「労働時間の長さ」が原因で転職活動を始めた人は、面接で転職理由を聞かれた時にどう話すべきでしょうか。ネガティブな転職理由はNGですが、正直に転職理由を話さなければならないケースもあります。今回は労働時間が原因で転職する人の面接での身の振り方について紹介します。

残業できない人は正直に話しましょう

まず育児や介護などが理由で残業ができなくなったため、転職せざるを得なくなった人がいます。このケースでは転職先でも残業ができないはずです。そのため転職先の面接では「残業ができない」ということをきちんと告げましょう。もし残業ができないことを内緒にして採用されて、実は残業ができないとなると、大きなトラブルになる可能性が高いです。採用取り消しも十分に考えられるケースです。正当な理由で残業ができないのですから、そのことをきちんと話しましょう。
そして残業をしなくても勤務可能な会社に転職するようにしましょう。そのために転職先をしっかりとリサーチすることが大切です。「ノー残業デイ」があること、時短勤務をアピールしている企業などは、基本的に労働者の権利に敏感な企業ですので、転職先に選びたい企業です。

転職理由の伝え方に注意しましょう

以前の職場の長時間労働に対して憤りを持っている人は、そのことを面接で話したくなるかもしれません。その場合、伝え方を気を付けるようにしましょう。まず「何となく長時間働くのが嫌だった」というような転職理由は避けましょう。社会人として未成熟で子どもっぽい印象を与えてしまいますので、採用される確率が下がります。また「残業を強いる、労働者の権利を無視した上司に腹が立ちました」というような以前の職場やスタッフの悪口を言うのも間違いです。転職活動をしているのに以前の職場の悪口を言うのは、社会マナーを身につけていないイメージを持たれてしまいます。さらに転職先の職場でも、同僚や上司の悪口を言うかもしれないと警戒されてしまうでしょう。そして「長時間勤務がない会社のほうが楽だから」という理由も問題です。仕事に対するモチベーションがなく、楽してお金を稼ぎたいというタイプの人だと思われてしまうからです。

以前の企業がブラック企業などの場合は、具体的に話しましょう

以前の職場の労働環境がひどかった場合、例えばブラック企業認定をされているような職場だった場合は、以前の職場の長時間労働のひどさを、具体的なエピソードとして話しましょう。
長時間労働がどの程度だったか、数字を入れて具体的に話します。週の残業時間が何時間で、休日勤務が年間に何日程度あったのかなど、具体的な数字で説明すると前の職場がどれほど長時間労働を強いていたのか理解してもらえます。そのために体を壊して通院をすることになった人は、そのことを含めて話しても良いかもしれません。
ただし絶対的に以前の職場が悪い場合でも、恨みごとを話しているような印象を持たれないことが大切です。以前の職場を離れて、転職先で前向きに出直したい、また新しいキャリアを築きたいというポジティブな話し方をしましょう。

ブラックな職場から抜け出したいあなたへ

  • 多様な働き方をサポート「保育ライフ」
    多様な働き方をサポート「保育ライフ」

    保育士として転職を考えている人は、保育士専門の転職エージェント「保育ライフ」に登録することをおすすめします。保育業界に精通している保育ライフならではの独自の求人案件を紹介してもらうことができるでしょう。また保育ライフで紹介してくれる求人情報は、保育ライフのスタッフがリサーチ済みの案件ばかりです。そのため人間関係の悩みなど、ネガティブなきっかけで転職を考えている人も安心して働ける職場と言えそうです。

  • 労働時間が長い
    労働時間が長い

    転職を考える人のネガティブな原因のひとつに「長時間労働」があります。1日10時間以上働き、休日出勤もあるような職場で働いている人は、仕事を辞めたくなるのも当然でしょう。さらに「みなし残業」などのように、残業代がきちんと支払われない悪質な職場で、長期間仕事を続けるのは難しいかもしれません。職種や職場を変えるなどして心身ともに病気になる前に労働環境を変えましょう。やりがいを感じなくなり、仕事が辛くなった時は、転職を考えるタイミングです。

前向きに転職!

転職活動を成功させるために、ネガティブなきっかけをポジティブに転換する方法を紹介します。 【お問い合わせはこちらまで】