ネガティブな転職きっかけ「前向きな理由」とは

転職のきっかけをポジティブに!

前向きな転職を!

転職のきっかけをポジティブに転換し、転職を成功させる方法を紹介するサイトです。

前向きな理由を述べる

前向きな理由を述べる

人間関係を大きく変えるために転職をしたいと思う人がいます。ただネガティブな転職理由のひとつです。転職活動の山場である面接で、転職理由を正直に話すべきか迷うと思います。今回は人間関係の悩みがきっかけで転職をしたい人が、転職理由を面接でどう話せば良いかを紹介します。

人間関係の悩みで転職という理由は基本的にNG

転職の理由が「人間関係の悩み」が原因という人は、とても多いです。しかし転職先の面接で、その転職理由を前面に押し出すとどうなるでしょうか。実際にひどい上司がいたのかもしれませんし、人間関係が破綻している職場に就職してしまった可能性が高いです。良好な人間関係が築けなかったのは、その人の責任ではないでしょう。それでも人間関係が転職の理由というのはNGです。
なぜなら転職先の採用担当者には、転職者の以前の職場のことが具体的にイメージできないからです。採用担当者は基本的に自分の企業のことしか知りません。そのためその職場が良好な人間関係を築けている場合、ひどい人間関係の職場や、モンスター上司のような存在をイメージすることができません。むしろ転職者に対して「人間関係が苦手な人」、「転職後、同じように人間関係を築けずに、退職してしまうかもしれない」と思ってしまう可能性のほうが高いのです。

前向きな理由に変換しましょう

仮に人間関係が理由で転職を考えたとしても、そしてそれが正当な判断だとしても、転職先の面接で話すのはやめておきましょう。できるだけ前向きな理由に変換して話をすることが大切です。ほとんどの人は転職の理由が人間関係の悩みだけではなく、その他の複数の理由があるはずです。また転職先を選ぶ時に「面白そうな仕事ができそう」「福利厚生がしっかりしている」など、転職先企業のポジティブな側面を発見したはずです。面接ではポジティブな理由のほうを選んで強調するようにしましょう。「やりたい仕事ができる職場だと思います」「身につけたいスキルを学ぶことができる職場だと思います」など、前向きな転職理由に絞って話すようにしましょう。

3年働いて説得力を付けましょう

いじめや悪質ないやがらせをされている場合を除いて、人間関係に悩みを持ちながら仕事を続けている人はたくさんいます。その中には「一つの会社に最低3年間在籍すべきだ」と考えている人がいます。仮にポジティブな理由を転職先の面接で話しても、頻繁に転職を繰り返している人、特に3年以内で以前の職場を辞めている人の場合、発言の説得力が少なくなってしまいます。どのような前向きな理由を話しても「社会人にふさわしくない人かもしれない」と思われてしまう可能性があります。転職もやむを得ないひどい職場で働いている人は、すぐにでも転職を考えるべきでしょう。しかし「3年我慢して、その後できっちり転職をしよう」と思える余裕がある人は、3年間仕事を続ける方向で頑張ってみてはいかがでしょうか。

ブラックな職場から抜け出したいあなたへ

  • 多様な働き方をサポート「保育ライフ」
    多様な働き方をサポート「保育ライフ」

    保育士として転職を考えている人は、保育士専門の転職エージェント「保育ライフ」に登録することをおすすめします。保育業界に精通している保育ライフならではの独自の求人案件を紹介してもらうことができるでしょう。また保育ライフで紹介してくれる求人情報は、保育ライフのスタッフがリサーチ済みの案件ばかりです。そのため人間関係の悩みなど、ネガティブなきっかけで転職を考えている人も安心して働ける職場と言えそうです。

  • 労働時間が長い
    労働時間が長い

    転職を考える人のネガティブな原因のひとつに「長時間労働」があります。1日10時間以上働き、休日出勤もあるような職場で働いている人は、仕事を辞めたくなるのも当然でしょう。さらに「みなし残業」などのように、残業代がきちんと支払われない悪質な職場で、長期間仕事を続けるのは難しいかもしれません。職種や職場を変えるなどして心身ともに病気になる前に労働環境を変えましょう。やりがいを感じなくなり、仕事が辛くなった時は、転職を考えるタイミングです。

前向きに転職!

転職活動を成功させるために、ネガティブなきっかけをポジティブに転換する方法を紹介します。 【お問い合わせはこちらまで】